疲労をためないために、私が実践していること

私が常々疑問に思っているのは、多くの日本人が「疲れた」と言ったり、それを態度で示したりしているにもかかわらず、疲労を軽減するどころか、かえって助長するような行為を数多く行っていることです。例えば、テキパキと仕事をやらずにダラダラと残業をしたり、終業後に何の役にも立たない飲み会に参加したり、眠る直前に酒を飲んだりスマホでゲームをしたりしている人はとても多いと思います。これらは自分の自由時間を減らしたり、睡眠の質を低下させる疲労解消の大敵です。そのようなことを平気でしておきながら、人前で「疲れた、疲れた」と言ったりそういう態度を取るべきではありません。ある意味自分の責任なのですから。
疲労をためないために私が実践していることは、上に挙げたようなことをしないことです。残業はしない(そのために仕事の間はダラダラせずにさっさとやってしまう)、役に立たない飲み会には参加せずに自分の自由時間を確保する、眠る直前に酒は飲まず、用があるとき以外はスマホを見ない、などです。肉体的な疲労が予想される場合は、当然睡眠時間を十分に確保します。これらのいわば当たり前のことを実践するだけでも相当疲労は軽減するはずです。
どういうわけかこれらのことをすると他人から「非常識な奴」などと思われることも多いですが、これは典型的な日本人が勝手に私に貼っているレッテルに過ぎません(最近もこのように批判され疲労を感じました)。例えばテキパキと効率よく仕事をこなして、終業時間にさっさと帰るというのは欧米諸国では当たり前のことですし、その結果、彼らの平均睡眠時間は日本人よりも長いのです。

渡り鳥が無休憩で海上を飛び続けても疲労が蓄積しないのは何故?

長距離を飛び続けることを可能にする成分が含まれた 【イミダペプチドソフトカプセル】
お求めは下記、公式サイトから。

疲労をためないために、私が実践していること はコメントを受け付けていません。