疲労回復効果が注目の鶏の胸肉。美味しく食べる簡単レシピ20選

公開日:2015/11/21 20:49:17

鶏むね肉は、低脂肪・低カロリーで高タンパクで、たんぱく質を取りたいアスリートや、脂肪分を避けるダイエッターには重宝される食材です。

トリのムネ肉は、低カロリー・高タンパクなだけでなく、エネルギーの代謝を促進するビタミンB群や、皮膚や粘膜を健康に保つビタミンAも多く含まれています。

B群の中でも、食べ物から摂取したタンパク質をアミノ酸に分解・合成し、皮膚や髪、爪などの組織を作るB6、ナイアシン(B群の一種)が多く含まれています。

これだけでも、十分魅力的な超ヘルシー食材ですが、さらに鶏の胸肉には疲労回復成分のイミダペプチド(イミダゾールジペプチド)が含まれています。

活性酸素を抑える抗酸化作用や疲労の予防・回復に有効なイミダペプチドは、1日に200mg~400mg程度を継続的に摂取するのが理想的とされています。

鶏むね肉には、100gで凡そ200mgのイミダゾールジペプチドが含まれています。

鶏のムネ肉を毎日の食事に取り入れて、疲労が蓄積する生活から抜け出してください。(イミダペプチド・サプリでも、簡単に摂取できます。)

ヘルシーで経済的な鶏胸肉を使ったおかずレシピ20選

家計のお助け食材である鶏胸肉。ヘルシーなのに栄養豊富なので健康にもダイエットにもぴったりです。たくさん買って冷凍しておけるので、保存性が高いのも魅力です。

鶏胸肉を使った料理をご紹介します。鶏のムネ肉を20日間食べるためのレシピです。多めに作ると1ヶ月毎日鳥のムネ肉を食べられると思います。

疲労回復にも繋がる食材である鶏胸肉をぜひ毎日の料理に取り入れてみてください。

ムネ肉の親子丼
卵がふわふわの親子丼です。簡単な下ごしらえと弱火でじっくり火を通すことで鶏胸肉が硬くならず柔らかい食感になります。
親子丼、参考レシピ
鶏ムネ肉の南蛮漬け
アジなどのお魚で作ることの多い南蛮漬けですが、鶏ムネ肉にもマッチする味付け。好みのお野菜をたっぷり乗せると、よりおいしいです。
鶏ムネ肉の南蛮漬け、参考レシピ
鶏のチリソース
鶏胸肉をピリ辛のチリソースで味付けました。チリソースは辛すぎずに甘味もありますので子供も大好きな味付けです。
鶏のチリソース、参考レシピ
鶏胸肉ミンチを使った三色丼(鶏そぼろ)
油を使わずカロリーも控えめな鶏そぼろ丼。刻みネギがあれば、包丁も使わずに作れます。
鶏胸肉ミンチを使った三色丼(鶏そぼろ)、参考レシピ
ムネ肉とじゃがいも、コーンのフライ
ムネ肉の掻き揚げです。いろんな野菜と一緒に揚げて子供達にも人気のメニュー。
胸肉とじゃがいも、コーンのフライ、参考レシピ
レンジで放置すれば出来てしまう胸肉ハム
手間がかからずに放置してるだけで一品できてしまう電子レンジを使った鶏のむね肉ハムです。
レンジで放置すれば出来てしまう胸肉ハム、参考レシピ
野菜もたっぷり、棒棒鶏(バンバンジー)
きゅうり、トマト、もやしと野菜をたっぷり摂ることができるヘルシーレシピです。ゴマベースのソースが胸肉と野菜にピッタリです。
野菜もたっぷり、棒棒鶏(バンバンジー)

鶏むね肉を柔らかくするコツ

  • 唐揚げにする場合は、一番分厚い肉をテスター代わりにして真ん中がほんのりピンク残ってるかな・・?ぐらいだと柔らかくて美味しいです。

コメントは受け付けていません。

渡り鳥が無休憩で海上を飛び続けても疲労が蓄積しないのは何故?

長距離を飛び続けることを可能にする成分が含まれた 【イミダペプチドソフトカプセル】
お求めは下記、公式サイトから。