30代後半の疲労をため過ぎず、疲労をうまくとる方法

20歳の時からとても体力を使う仕事をしていて(運送業)昔は疲労など感じませんでしたが30代中ごろからとても疲労を感じるようになりました。
疲労についての知識もなく、改善方法や事前の防止策などももちろんわからなかったので何もケアをしてきませんでしたが
出産を機に疲労について調べてみました。
今現在疲労を感じた際に行っていることは、まず体の場合は食事で糖分を含むものの摂取を控え、タンパク質や炭水化物など栄養をバランスよくとることを心がけています。
またその食事のあと30分〜1時間後に軽くストレッチをし、寝る1時間前までに入浴を終わらせるようにしています。
入浴も体全体をお湯につけるのではなくぬるめのお湯で半身浴を30分程度し、水分補給をしてゆっくりと寝るようにしています。
精神的にはできるだけ刺激になるようなことは避け、テレビなども早めに消しリラックスした状態で寝れるように準備しています。
とはいえ毎日仕事で疲れることが予想されるので、現在疲れない体にするために行っていることが、朝ご飯の代わりに手作りのフルーツ酢ドリンクを飲むようにしています。
朝ごはんは固形物を食べることはもう3年ほどしていませんが、歳はとってきていますが年々健康になっているように感じます。
フルーツ酢ドリンクの他に、グリーンスムージーや果物や野菜のジュースを作り毎朝飲んでいますので、体質が変わり昔よりも疲れにくくなったように思います。
若いときにはドリンク剤やサプリメントなど試したこともありましたが、結局は根本的な自分の体が健康ではなければ
疲れは1日寝ただけでは取れないし、ずっと蓄積されてしまうという事に気が付きました。
ですので、特に疲労回復のみというために行っているものではありませんが、
今も引き続き朝に手作りのジュースを飲み、食事に気を付け、適度に運動をし、リラックスをして眠る準備をし、ゆっくりと静かに眠るというサイクルで
1日を過ごすようにしています。
こうすることで疲労を感じることはもちろんありますが、長くたまることはなくなりましたしきちんと1日で疲労を回復することができる体になりました。

渡り鳥が無休憩で海上を飛び続けても疲労が蓄積しないのは何故?

長距離を飛び続けることを可能にする成分が含まれた 【イミダペプチドソフトカプセル】
お求めは下記、公式サイトから。

コメントは受け付けていません。