疲れを感じたときには、疲れを小出しにしていく工夫を。

疲れを感じているときに、そのまま気合で乗り切ってしまうと、
糸がふと切れたときに、体調を大きく崩してしまって、後々響くことがあります。
社会人は自己管理が大切ですよね。
そのためには疲れを溜め込まないことが重要です。
疲れを日頃から小出しにしていくように工夫していきましょう。
[適度な運動を行う]
忙しいときこそ、疲れているときこそ30分から1時間程度の軽い運動をしましょう。
ただ歩くだけでも違います。駅までの道を自転車でなく歩きに変えてみるでも全く違うと思います。
歩くことで全身の血行がよくなり、気持ちも切り替わり、前向きな気持ちになります。
適度な運動をすることで、寝つきもよくなっていきます。
[寝る前のヨガを行い、体の毒素を出す。]
寝る前に部屋を薄暗く間接照明にし、ヨガを20分程度行いましょう。
疲れを感じているとき、自分では意識していないかもしれませんが、
呼吸が浅くなっています。これは自立神経の交感神経が優位になっている証拠で、
体がオフになっていません。
ヨガの深い呼吸を続けながら、ゆっくりとポーズを行うことで、
リラックスする副交感神経へ切り替え、全身の血行を良くし、
リンパの流れが良くなることで、体の疲労物質である毒素が体の外へ排出されていきます。
[ビタミンC、B6を摂取する。]
疲れているときには、体のビタミンが失われていきます。
果物や野菜を多く取るように、毎日の食事を工夫していきましょう。
ビタミンCが一番多く含まれる食品は赤ピーマンや黄色のピーマン、キャベツやゆずなどです。
ビタミンB6が一番多く含まれる食品は、豚肉、マグロ、にんにくなどが挙げられます。
食事でしっかりと栄養のあるものを食べ、サプリメントで補強していくとより効果的です。
疲労は溜め込まないことが重要です。
大きな病気へ繋がらないように、ヨガやウォーキングなどの軽い運動を取り入れ、
日頃から疲れを小出しにして、リフレッシュしていきましょう。
そして何より上質な睡眠と栄養素を摂取し、体力回復に努めましょう。

渡り鳥が無休憩で海上を飛び続けても疲労が蓄積しないのは何故?

長距離を飛び続けることを可能にする成分が含まれた 【イミダペプチドソフトカプセル】
お求めは下記、公式サイトから。

コメントは受け付けていません。