疲労を感じたら、精のつくものを食べて、身体を休めます

ある程度の年齢になると、少しでも無理をすると疲労を感じるようになりました。
また、その疲労がなかなか取れず、1日の疲れが1週間続くようなこともあります。
昔は1日徹夜しても、なんともなかったのですが、最近はそういうわけにはいかなくなりました。
先日、片道300km超のドライブをしたのですが、かなり疲れを感じました。
途中に休憩をとりながら、サービスエリアなどで仮眠をとったりもしたのですが、
やはり窮屈な車の中で寝るだけでは疲労はとれません。
寝るのであれば、普段自分が寝ている寝具でぐっすり寝なければ、疲労はとれないでしょう。
お風呂などにゆっくりつかり、身体をリラックスさせ、ぐっすり眠る、
やはりこれが疲れをとる一番の方法だと思います。
普段の生活においても、少し寝不足が続いたりすると、疲労がたまっているなと感じることがあります。
そのようなときは、思いっきり精のつく食べ物を食べるようにしています。
たとえばお肉やうなぎなどです。
自己暗示かもしれませんが、こういった食べ物を食べると、やはり元気になり、次の日には体が楽になっていることが多いです。
特にうなぎは、私は効果を感じやすく、
また逆に「うなぎが食べたい」と思うようなときは、自分自身に疲労がたまっている場合が多いのです。
また、疲労がたまりそうなときは、翌日の仕事は事前に休みをとるようにしています。
やはり体を休めるのが一番であり、疲れたら休むことで、疲労を蓄積しないようにしています。
疲れに限らずですが、蓄積したものはなかなか取れにくいものです。
ですから、蓄積させないために、疲れを感じたら、すぐに対策するということが大事なのではないでしょうか。

渡り鳥が無休憩で海上を飛び続けても疲労が蓄積しないのは何故?

長距離を飛び続けることを可能にする成分が含まれた 【イミダペプチドソフトカプセル】
お求めは下記、公式サイトから。

コメントは受け付けていません。