仕事で感じる疲労にどうやって対応していくか

最近、歳をとってきたせいか、若い時よりも、仕事で残業等をしていると疲労を感じるようになってきました。肉体的な疲労もあると思いますが、責任ある立場になってきて、精神的な疲労も多くなってきたと思います。
そんな疲労を解消するため、私は週に一回、ランニングを行うようにしています。ランニングを行うことによって、体力が付き、仕事で疲労を感じることが少なくなりました。私は週に一回、10〜20kmほどの距離をランニングしていますが、もし毎日走るのならば、もっと距離が短くても効果はあると思います。
ただ、私のランニング時のポイントとしては、本当に自分が苦しいと思うところまで、自分を追い込むということです。自分が苦しいと思うところまで走らないと体力がつかなかったり、せっかくつけた体力も維持できなくなってしまいます。体力がないと、また疲労を感じる要因となってしまいますので、無理やりそこまで自分を追い込んでいる感じですね。ただ、その分、仕事が楽になるので、1週間分の苦しみを先にすませておく、というような気持ちではしるようにしています。そういうわけなので、もし次の週の仕事が大変そうで、かなりの疲労が予想される場合には、あえて長い距離を走るようにしています。
また、ランニングをしている時には、何も考えられない状態になり、精神的なストレス解消にもなります。これはストレスによる、余計な疲労の蓄積を防ぐ効果もあると思いますので、そういう意味でもランニングはお勧めです。

渡り鳥が無休憩で海上を飛び続けても疲労が蓄積しないのは何故?

長距離を飛び続けることを可能にする成分が含まれた 【イミダペプチドソフトカプセル】
お求めは下記、公式サイトから。

コメントは受け付けていません。