疲労との付き合い方で自分なりに工夫してみた事

私が疲労を感じるのは、幼稚園に今年入園した子供の体調が悪くなると、強い疲労を感じます。
幼稚園に入園してから、慣れない集団生活に子供も疲労しているのか、頻繁に風邪をひいたり、嘔吐したり、中耳炎になったりと、病気のオンパレードなのです。
体調が悪いと、一日中ぐずって、外出もできず密室育児になるので、親の私も疲労がたまるばかりです。
そんな時は、家事を徹底的に手抜きします。料理も惣菜を出して、家の汚れも見ないふりをしています。そして子供が寝たら、私も一緒に眠って睡眠時間は確保するようにしています。
また疲労がたまる事が予想できる時は、私は深く呼吸して自分を落ち着けて、疲労でイライラしないように気持ちを抑える事を意識します。
でも、それだけでは疲労に対処できすに、たまる一方なので、私はサプリメントを何種類かのんでいます。
1つは、にんにくエキスのサプリメントをのんでいます。にんにくは、食品からできているサプリメントなので、安全安心してのんでいます。
なんだか身体がだるいなぁという時にのむと、しばらくして効果がでてくるとだるさがとれています。
もう1つは、黒酢をのんでいます。疲労には、やはりクエン酸がいいのではないかと思い、黒酢のサプリメントを始めました。
特にお酢の中でも、黒酢はアミノ酸が豊富なのて身体に足りないものを補い、疲労感を解消してくれます。たどちらのサプリメントも、継続して 効果がでてくるものだと思うので、毎日のんでいます。
のみ忘れると、なんだか調子が悪いなぁと不調を感じるので、毎日の必需品です。
そして、疲労をためないために、自宅でもできるような簡単な運動をしています。今は美木良介さんのロングブレスダイエットの運動にはまっていて、ロングブレスをすると、疲労感も一緒にはきだせるようで元気が出ます。

渡り鳥が無休憩で海上を飛び続けても疲労が蓄積しないのは何故?

長距離を飛び続けることを可能にする成分が含まれた 【イミダペプチドソフトカプセル】
お求めは下記、公式サイトから。

コメントは受け付けていません。